topimage

2024-02

友達が階段落ち - 2023.10.03 Tue

友達が神戸店へ和菓子を持って
ちょこっと立ち寄ってくれた夕方

荷造りで忙しくしていた私を見て
「手伝うよ~!」と、言ってくれた。

友達は階段を上がったところにまず自分の荷物を置き
店の1階で梱包を手伝ってくれた。

梱包を終え、自分の荷物を取りに階段を上がった友達が
階段を真っ逆さまに落ちてきた

頭から血が噴き出したので、倒れていた友達を抱きかかえた私が
本人以上に血まみれになり、救急車を呼んだら
私がけが人と間違われた。

私は、救急隊員さんに、着替えてくるように言われた。

とにかく顔と頭をテキトーに洗って服を着替えて救急車に戻ったら

友達は救急車の中で応急処置を受けて、落ち着き払っていた。
脈を取り、血圧を測ってもらい、淡々と救急隊員と話していた。

「はい、はい、チューハイを350mlほど飲んでおります。」

救急車はなかなか出発しなかったので、私は焦った。
友達は、食事でアルコールを飲んでからうちに来て
手伝ってくれたのだ。

アルコール反応が出たら、診察を断る病院が多い。
実は医療関係者の友達。

「アルコール飲んでいたら、救急断られるよね。
 それは職業柄わかっているし、受け入れ救急がないなら
 死ぬこともあるけど、それはそれで仕方ないし。」と、
うろたえる私に淡々と説明する。

救急隊員と病院とのやりとり電話が空しい。
受け入れを断られる連続だったが
5件目でやっと病院が決まり、救急車が動き出した。
遠い病院だが仕方がない。

飲酒で、しかもCOVID-19に罹患していたら?
濃厚接触者だったら?、救急の受け入れ率はもっと減る。

友達はストレッチャーで運ばれ
CTを受け頭を3針縫った。

今はすでに抜糸というか、ホッチキスの針は取れた。
経過も良好でホッとしている。

パラドッグス神戸店

命拾いしたのは、画像の右側に写っている
私のための階段のオカゲだった。

リウマチの私のために、階段が コ の字型に
2回曲げてある。

もともとは1直線だった階段を
改装で2回曲げてもらった。


神戸店 2023.02-19
最初は螺旋階段も検討していたが
螺旋階段で滑ると止まらず下まで落ちることもあるらしいので
コ の字型になった。

友達に言わせれば、階段が危ないからと言って
階段や段差をなくしてバリアフリーが良いかというと
そうではないらしい。

階段の上り下り、段差、狭いところを気を付けて通る
坂道、犬の散歩、歩いて買い物に行くなど
日常生活に組み込まれているのが、健康につながるらしい。

人間の体はすぐに怠けてレベルを落とすそうで
京都の店舗は段差はあれど、階段はなかった。
神戸店は階段があり、坂道ありで最初はヒーヒー言っていた私。

標高も京都市の店より、300メートル高い。
これが鍛えることになったのか、最初は登れなかった急な坂を
今は平気で上がれている。

楽なこと、ストレスがないこと。
それが良いとは限らない。

日々のストレスを工夫して乗り越えることで
人の気持ちや体は前に進むらしいと、今回のことで知った。









● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://paradogsura.blog.fc2.com/tb.php/5205-83e625e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

翌日には着かないわ~~~~www «  | BLOG TOP |  » 満月の夜


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
https://www.paradogs.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する