topimage

2007-09

2007.09.14 山奥の川へ - 2007.09.15 Sat

今日のことをどんな風に書こうかな?
迷っています。
他にもお店で撮らせていただいた画像がたまっていますが、少々お待ちください
過去の画像と一緒に載せたいので、煮詰めているところです。

今日はキュートママに誘われ、山奥の川に遊びに行くことになったワンコの面々は、元気であったし
ほぼ良い子のいちにちでありましたが、人間がトラブル続きでした。

メンバーは
ゴールデンのベルちゃん、ビーノちゃん
アイリッシュセッターのコナちゃん
E・コッカーのピット君
我がエアデールのココナッツとドロシー
それにワイヤーフォックステリアのアイヴィ
ワンコ計7頭。それと、人間が私を含めて5名。

とりあえず、一枚目をご覧ください。画像はベルちゃん。
川の水が飲めるぐらい本当に素晴らしくきれいでした。
ここらの少し上が川の始まりなんですね。
ベルちゃん

やはり、ゴールデンってレトリーバーと名前がついているだけあって回収が得意ですね。
DNAってすごいわ~!と思いました。
ベルちゃんとビーノちゃん

ワンコ同士、お互いの持ち場というか守備がわかっているのでしょうか?
エアはゴールデンのレトリーブの邪魔をしません。
そしてゴールデンコンビはエアと上手に距離をとってくれます。
こんな感じです。
ビーノちゃんとココナッツ

ところが、ビーノちゃんとベルちゃんがボールを追いかけて、バチャバチャすると、アイリッシュセッターのコナちゃんは吠えます。

コナちゃんは、普通こういう場所に来るとあたりを見回しているのですが、バチャバチャやると
鳥が逃げてしまうので、「やめなさい!」と怒っているのかも。
あるいは、「頑張って!」と回収を促しているのかも。

そして、逆に何も気配のない時もWAN!WAN!と吠えることがあります。

ひそんでいた鳥が飛び立つかもしれません。
私がハンターならそれを打ち落とすのでしょう。
すごい!やっぱりDNAですわ~!
教えなくても全てできるんですね。
コナちゃん

自分たちがハンティングをしないので、犬の習性が理解できなくて、不思議に思うことがあるのですが、全てDNAに書き込まれているのですね。
そのことに気付き、ちょっと感動しました。

そういう意味で自然の中の自由行動は、飼主の勉強になります。

そして、エアデールの今まで理解できなかった不思議な行動の謎が解けてすっきりしました。
ドロシーが泳ぎながら、石の壁や川縁を掘るのでとても不思議に思っていました。
霧がかかっていたのでピンボケですが、こんな感じです。
掘るので水が濁ってしまいます。
ドロシー

今まで、ただ穴を掘るのがドロシーの趣味だと思って、アナホリーなどと呼んで笑っていましたが・・・。
「そうか!川ウソ狩りに使われた犬種だから、小動物の巣がありそうなところを掘るんだ!」と今頃気付いた私。
泳ぎながら、川縁を見て回っているのですね。
ココナッツとドロシー

同じエアでもココナッツとドロシーは全く違います。
ココナッツは水が苦手ですから、おそらく陸の小動物をハンティングする血が濃いかもしれません。
水にはそれほど興味がなく、ドロシーのような行動をしません。
この日は始めて会ったビーノちゃんに興味があったみたいです。
ココナッツ

ドロシーはこの通り、今日も丁寧に水辺を見て回っていました。
ドロシー

でっ、そのドロシーをけしかけて使うのが、ワイヤーフォックステリアのアイヴィ。
面白い関係です。
ドロシーとアイヴィ

あれ?こんな山奥にバナナが?
我が家では、新しいものはアイヴィが先ずチェック!
異常がなければ、ドロシー、ココナッツが近寄ります。

これこれ、いけません。
これはビーノママのバナナでした。
バナナとアイヴィ

こちらがビーノちゃん?
いえベルちゃんかも。よく似ていますね。
ビーノちゃん

ピットちゃんは、今日はとっても不調でした。
山道が恐かったみたいで、ずっと抱っこしてもらっていました。
ピットちゃん

ところで、人間の不調の話です。ウフフ・・・。
ここからは長いので、読みたい人だけ読んでくださいね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
https://www.paradogs.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する